元気にアウトドア

テントの種類と選び方

テントは大きさによって用途が違ってきますが、一人用のテントを持って気軽に山や海に出かけることも楽しいものです。

一人用のテントの特徴としては、ポールのテンションだけを利用して自然にテントの形になる自立式テントなどは誰でも手軽に一人で、テントが設営でき場所を選ばないテントです。
もちろん、自立式といってもテントを固定するペグを打つこともできます。
軽量性が優れていることも一人用テントの重要な点です。
重さが1kg程度のものからあります。

自立式でないテントの方が軽くなっていますが、ペグとロープは必要となります。
その為どこでもテントが張れるということではなく、地面がある場所での使用となります。

一人用テントの良さはどこでも、いつでも好きなところで宿泊することができる点です。
当然、許可されている場所での使用となるのですが、簡単なトレッキングや本格的な登山まで用途に応じて使うことができる点においては、一人用テントの気軽さと簡単さはテントを使う基本を教えてくれるでしょう。

テントのたたみ方DVD

テントはキャンプなどで利用しますが、大きいため取り扱いが困難な場合が多く、保管場所もスペースを占拠されてしまいます。
しかし専門用品として使い勝手もよく考えられており、アウトドア好きにとっては所有したいアイテムの一つです。
頑丈で強風でも嵐でも平気なアイテムがそろっていますし、防災用品としても活用が期待できるアイテムでもあります。
大きいものであればあるほど、コンパクトにしまうことができるタイプが人気になりますが、たたみ方が特殊でまためったに利用しないもののため、いつもやり方を忘れてしまうというのが通常です。
DVDが付属品となっていてたたみ方を順序立てて説明してくれるものもありますが、最近ではクラウドを利用して動画を見てチェックしながら片づける方法が主流になってきています。
説明書通りにきちんと片づけておくことで、傷みも少なくなりますし次に利用するときに部品がそろっているかどうかを確認する手間を省くことができるようになります。
テントはキャンプ場でレンタルしたり、オートキャンプで利用できるところを探せばよいという場合もありますが、備え付けになっているものはかえって利用方法が難しく利用しにくい場合もあります。
家族全員が利用できる大きさで庭でバーベキューの時やお花見、ホームパーテイなどの場合にも気軽に利用できるタイプをひとつ購入しておくと案外活躍してくれるものです。
メンテナンスも特殊品ですのできちんとメーカーが責任をとってくれますし安心です。

Favorite

スワロフスキーのラインストーン通販
http://blinkieee.ocnk.net/
デザイン名刺の印刷
http://www.macydesign.com/
産地直送のタラバ蟹
http://www.rakuten.co.jp/sfd-ymt/
私立小学校
http://www.ice-yoji.com/
レーザー加工
http://www.banbankonasu.com/